(株)長岡美化の日記


RSS | ATOM | SEARCH
作業車メンテナンス
この季節、作業車のエアコンが壊れると熱中症になってしまう可能性があります。

なので作業員の方にはエアコンをきかせて仕事してもらっています。

それでも、エアコンは機械ものなので壊れるときは壊れます。

今回も壊れたのでできる対策をディーラーのエンジニアの方に尋ねました。

当たり前の事かもしれないですが、車で作業にあたる方は意識しておいた方がいいと思います。



・稼働時間が長ければそれだけ、寿命的なもので故障はしてしまう可能性がたかまる
 なので、、対策としては春や秋はエアコンが必要のない時はできるだけ機械に負担をかけないようにする。

・機械なのでまったく使わなければ、動かなくなってしまう。なので適度に稼働させる必要はある。

・エアコン設備のスイッチ類(つまみレバー等)を勢いよくガチャガチャ動かしたりするとエアコンに負荷がかかる為よくない


これらの事は意識してエアコン操作をした方が良いと教えていただけました。

当社でも作業者の方に意識してもらうよう伝えていきます。



 
author:マツタニ, category:-, 12:40
comments(0), -, - -
Comment